持ち手の付け根にこだわった、味わい深い大判トートが登場!収納力抜群です。

紅葉もピークを過ぎ、朝晩の冷え込みがいよいよきつくなってきました。

くれあーれききでは、新作のバッグが続々登場しております!

 

まずはこちらをご覧下さい。

kiki-112-4-3_800

商品情報
商品名 柿渋染め『壺渋』帆布バッグ(鞄)蔵出し骨董布・「あんず」- Oneショルダートート-帆布生地
商品番号 kiki-112
価格 ¥38,850(税込)
サイズ 縦31×横巾天口45~底41×マチ10㎝
持ち手立ち上り=23㎝
重さ 510g
素材 本体表=綿100%柿渋染め 壺渋
裏生地=レーヨン100%
持ち手・付属=革
金具・ホック=スチール
仕様 本体/オープン・フック開閉式      内部/ファスナーポケット×1 オープンポケット×1 スマホポケット×1

しっかりと厚手の仕上がりで、大きめの雑誌や本、ファイルなどが楽々入る、大判トート。

展覧会の画集やカタログ、書類、たくさんのものを整理して持ち運ぶことができます。

これからの寒い季節に羽織りたい大判ショールやマフラーも収まる、余裕の大きさ。

kiki-112-3

kiki-112-12

大きめのファスナー付内ポケットと、反対側には携帯用ポケット、さらにもうひとつのポケットで、

迷子になりやすい中身を整理できます。

kiki-112-7

カニカンとDカンとで、しっかりと中身をホールド。

kiki-112-5

柔らかく厚手の牛革製把手。手に優しく馴染み、触り心地も◎です。

kiki-112Gのぼり-3

付け根についた革の下には、希少な古布の「のぼり旗」を重ねて、個性際立つアクセントに。

一つ一つ表情の違う仕上がりです。

 

今回は、全部で四種類あるこのバッグを一気にお披露目いたします♪

 

kiki-112-5-1_800

赤い把手のものはパッと華やかに女性らしく装いたいあなたに。
《い:持ち手=本ヌメ革ワイン・口裏持ち手付け根飾り古布のぼり旗柿渋染め》

 

kiki-112-1_800

キャメルの把手のバッグは生地が二種類!

「壷渋」という名の熟成した柿渋の染料を、塗っては一年置き、また塗っては一年置き…を繰り返し、

五年もの間寝かせた希少な生地を使った無地の鞄と、

《 に/持ち手=本ヌメ革キャメル・口裏持ち手付け根飾り古布のぼり旗柿渋染め》

kiki-112-800

職人の手書きによる個性あふれる仕上がり、の二品。

シンプル派か、個性派か…あなたのお好みはどちらでしょうか♪

《は/持ち手=本ヌメ革キャメル・口裏持ち手付け根飾り古布のぼり旗柿渋染め》

そして最後の一つは、こちら。

kiki-112-4-2_800

「濾過布」と呼ばれる昔のコーヒー等を濾過するための布に、

壷渋と呼ばれる柿渋の特別な染料を 丁寧に塗り重ねた、独特の和紙のような風合いの、重厚な出来上がり。

渋いお好みのあなたには、断然おすすめです!

《ろ/持ち手ピッグスキン《豚革》・口裏持ち手付け根飾り古布のぼり旗柿渋染め》

=========================================================

次は、上記のバッグと大きさは同じながらも、さらに凝った作りの一品をご紹介♪

kiki-112G-6_800

どこが違うかお気づきでしょうか?

 

商品情報
商品名 柿渋染め『壺渋』帆布バッグ(鞄)蔵出し骨董布・「あんず・G」- Oneショルダートート-帆布生地
商品番号 kiki-112G
価格 ¥49,350(税込)
サイズ 縦31×横巾天口45~底41×マチ10㎝ 持ち手立ち上り=23㎝
重さ 720g
素材 本体表=綿100%柿渋染め 壺渋 裏生地=綿100%柿渋染め  持ち手・付属=革  金具・ホック=スチール
仕様 本体/オープン・フック開閉式      内部/ファスナーポケット×1 ホック開閉オープンポケット×1 オープンポケット×1 スマホポケット×1

 

そう、革の把手の付け根の細工と、バッグの底につけた厚手の革!

さらには、内部の構造も少し違います。

kiki-112G-3

ホックのついた、バッグの内幅いっぱいの内ポケットの外側には、

携帯用ポケットとさらにもう一つポケットがついて、整理も楽です。

反対側にも、大きめのファスナー付き内ポケットが。

kiki-112G-21

カニカンとDカンとでしっかりと中身をホールド。

kiki-112G-25

厚手の革でしっかりと角を補強しながら、バッグの底を汚れや傷から守ります。

kiki-112G-15

柔らかく厚手の牛革製把手。手に優しく馴染み、触り心地も◎です。

付け根についた革と紐が個性を添えます。

 

kiki-112-1-3_8001

《い/焦げ茶:革キャメル》

kiki-112-2-2_8001

《に/焦げ茶:革黒》

生地はいずれも、柿渋を丁寧に塗った生地を一年寝かせ、さらに塗り重ねては寝かせ…それを五年繰り返し、

風合いが熟すのを待つという、気の遠くなるような手間と時間を経てようやく生まれる、

希少な逸品生地を使っています。

上品で控えめな艶の感じられる魅力的な味わいの生地は、間違いなくあなたのクローゼットの中でも

特別なバッグとなる事でしょう。

最近のエントリー

店長紹介

店長 杉本 昭男
みなさんこんにちは!
いつもご利用ありがとうございます。
商品についての困ったことを何でも聞いてくださいね!